UA-103452031-1

南信天竜川付近のホソで親子で楽しむ釣り。

こんにちわ。蝉きちです。暑かったり雨と風が異常に強かったり変な天候続きの南信です。

この日は天竜川の水位多く、子供連れには危ない本流での釣り。こういう日は釣果に焦らずに安全な釣りをしたらいい。比較的安全な場所っていうのは人工的に作られ、多くの水が溜まる場所、又は流れる場所。そう田んぼに使う水を確保するために作られたホソが大変重宝する。大物を釣り上げる又は特定の魚を狙わない限り支流からの水が一斉に集まる雨後の天竜川本流で危険を冒してまで釣りをする必要はない。

この日は座光寺という地籍の天竜川付近で遊んできた。田んぼのど真ん中を流れるホソの釣り。今のところ残念なことに南信のホソで僕は「タナゴ」を釣ったことが無い。そもそもどこにいるのかも解っていない。いつかタナゴをターゲットに南信のホソを駆け回ってみたい。

ホソでの釣りは僕は大好き。小場所好きのようだ。小場所に魚が集まってる場所なんてワクワクしてやまない。小さな針を付けてこれまた小さい浮きを付けて。敏感なあたりをじっと待つのんびりした時間も悪くない。日々忙しい方にはこういった自由なのんびり感を是非味わってほしい。

今回の仕掛けはハヤ用のハリス。0・2号だったかな?竿に道糸をつなぎスイベルへその先にハリスを付ける。スイベルの上部(道糸側)に簡易なかみつぶし錘をつけただけのもの。だれでも簡単に作れる仕掛けである。

今日はハヤ釣り。そんな気持ちでのんびり構えていた日だった。

いつも安定して釣れる場所に行ってみたのだが、水位上昇と、濁りの為か全く反応がなかった仕方なくお気に入りの場所から移動し、始めていくホソへ向かった。事前に情報は持っていたのだがなんとなくいかずに今まで過ごしていたのだが今回の釣行でこのホソはお気に入りの釣り場へと変化した。

いよいよ釣り開始。突き上げるようなあたりが連発どうやら小物は沢山いるようだ。到着してすぐにハヤが釣れて楽しませて貰った。時間経過とともにウキを突き上げてくるあたりが無くなり仕掛けが着底するようになってきた。お日様はかんかん照りだが集中力は高まっていた。

少し様子の違うあたりがきた。3段落ちというか食いによる引き込むあたり。長く浮き釣りを経験していると不思議と次の反応で合わせられるのがわかる。

ウキが豪快に沈み合わせる。

明らかにハヤではない手ごたえ。980円の2・7メートル竿がうなりを上げて曲がる。「竿鳴り」は何度聞いてもドキドキする。思わず子供に戻りドキドキする。でかい。

ハヤ釣りのハリスは小さく細いので鯉などが釣れるとラインが切れてしまう。柔らかくしなりのある竿なら良いが今回はそうではない。980円なのだ。良い竿は粘りがありラインへの負担の少ない。魚の突っ込みにも対応しやすい。残念ながら今握っているのは980円竿のようなので要らない心配が増えているようだ。だがどうしても釣り上げたいので「時間」を掛ける。

取り込みまで丁寧に魚を泳がせ疲れさせれば結構いけてしまうものだ。上がってきたのは30センチ程度の綺麗な鯉だった。

下地に銀色を塗って上から黒をコーティングしたようなそれはそれは綺麗な鯉だった。ただ真っ黒な鯉ではなくどことなくベッピンさんな鯉に遊んでもらった昂揚する時間だった。

南信で釣りと名物料理を楽しむ

こんにちは。蝉きちです。

先日は梅雨の合間の晴れでした。暑いくらいにかんかん照りで魚さんもくたばっちゃいますね。

今回の冒険をYouTubeに上げました是非見てください

この日の釣りは子供に釣りを教えるため小物釣り(ギル)だったのですが、皆さん行くところないようで三穂の野池も人だらけ。諦めて極めて人が少ない久米川にいきました。

話は少し戻りますが、松川ダムの様子もみにいってきました。いやぁ。あそこで釣りできたらたまらんでしょうね。上からジーとカメラを回してるとシャローでうろうろ餌待ちしているバスや、パクパクしている鯉がたくさん居ました。

当然ダムサイト付近では釣りは禁止なので、すごすごと諦め辺りをうろうろし、子供の頃遊んだ川を思い出して行ってみました。

まぁ、いないわね。

今は昔と違いコンクリートになってしまってるし、水かさも全然無いのであれば魚が上流に居ない、または少なくなってしまっても当然って言えば当然です。子供の安全面など考えるとそれが悪いってことではないけれど、少しさみしい気持ちになりました。

そんな中でも少し淵になってる部分に竿を出してきましたが、クモの巣だらけでまともに投げれません。細いラインにクモの巣が絡んだら地獄。お祭りだらけになってしまいます。

仕方ないので久米川に移動。はや釣りする予定がもう少し気の効いたお魚が釣れました。

最近は釣り欲はあるのだけれど、そんなに本数上げれなくても少し遊んでもらえたらそれでいい。1日一回ある程度の緊張感と引きを味わえればもう晩酌の気分になっちゃうのは歳をとったせいなのだろうか?

この日は夕方まで粘りようやく一本。小さいのが釣れた。そのあとすぐにもう一本かかったのだが上手く取り込めずにさようなら。

仕掛けは振り出し2.7メートルの竿。竿先からミチ糸をたらしスイベルに結び付けハリスを結びスイベルの上(ミチ糸側)に小さなガン玉を噛み潰しでつけただけ。エサは先日から余っていた熊太郎(ミミズ)

そこらめったら魚が見えるかと思ったら雨後のため、流れが強く隠れているらしい。流芯を外して少し淵よりに投げてしばらくするとキラッと魚体が見えた。どうやら追って来たようす。今度は先程より少し流芯に近い部分に投げてみる。

間違えてもっていった鯉釣りの竿では感度は全くと言って良いほど無い。が、10センチ程あるヤマメならそれなりにわかった。

当然ラインが切れるはずもなく3メートルはあるであろう場所へ引っこ抜き。やはり思った通り。10センチ。

夕焼けになる頃釣れた小さいヤマメもなかなか綺麗で次の日からの仕事の活力になる気がした。

プチキャンプの火おこしは簡単に安全に

こんにちわ。蝉ちゃんです。

暑い日が続きます。水分沢山取ってご自愛を。

自宅の庭でプチキャンプが面白い。

ちょっと忙しいお父さん、家事やらなきゃいけないお母さん。忙しいのは山々だけど自宅の庭にテント張るくらいはできそうだね。子供だっていつもとは違う環境にワクワクです。日差しさえ遮ってしまえば外でパソコンもってお仕事も快適にできそう。

忙しい皆さまに簡単火おこしツールのご紹介。カインズホームにて1000円位で買えちゃいます。誰でもあっという間に火おこしできちゃいます。

枝と新聞のみで簡単火おこし。専用の道具を使うと安全です。

上の写真のビールジョッキみたいなのは、とっても楽に火おこしできます。上から小枝などを適当に突っ込みます。底部に空洞が空いているのでそちらに新聞を丸めて入れます。後はチャッカマンで新聞に火をつければ程無くしてゴオゴオと燃えます。

こりゃ一度使うと便利すぎて手放せないと思います。木材への着火の早いこと早いこと。ロケットストーブみたいな原理になってるのかなぁと勝手に想像しますが、上へ上へと昇る火の性質と、空気、熱量、燃料の仕組みが上手く合わさってるので乾いた木を使えば2~3分程で小枝が燃え尽きる火力。点火してある程度燃えたら大きめの炭を1本入れておけば消えずに安心です。

完璧に火をつけてくれるので、先に作っておいた岩コンロなり、流木コンロなりにぶちまければ早速焼き肉開始と。この手間要らず。これは忙しい方や焚き火が苦手な方にも是非使って頂きたい。

この日は公園から拾って来た枯れた桜の枝を使って火おこしして、ある程度太めの枝を燻して燻製を作りました。

燻製が出来上がるまでの待ち時間。ビール飲みながら日陰でのんびり。とても快適な1日でした。

最後に。こういった火おこしに便利なツールは火傷しないように工夫されてる物が多く、それでいてきちんと仕事をしてくれるので、自宅や車中泊なんかの外での食事に一つあると便利です。火おこしはなんといっても安全に、簡単に行うのがベストです!!

難点が一つ。わりと大きい。

キャンプで最低限の道具と火を使い料理したい

こんにちわ。蝉ちゃんです。

最近は梅雨入りしたけれど暑い日が続きます。色々あるご時世。皆さまご自愛を。

キャンプ道具は必要な物だけ持って火を使い料理しよう。

いきなり貧乏自慢ですが、僕はあまりキャンプ道具を持ってません。テントは持ってますがスポーツショップのくじ引きで当たった10年以上前の色褪せたテントです。お洒落な鍋も使いませんし、メスティンも無くていいです。釣りとキャンプを合わせて行う僕のスタイルには沢山の道具が邪魔なだけかも知れません。それに全て使うほど手間を掛けません。洗うのも嫌です。

さて本題。

皆さんのキャンプにとって必要な道具ってなんですか?

僕は冒頭の通り色々道具を持ってませんが、必ず持ってるのがナタ、ノコギリの二つです。得に場所を取りませんし、リュックの端にでも入れておけばよい。あると便利です。キャンプ斧とかお洒落だなぁと思いますけど、川や山を歩くのには重い。それに日本人なのでナタの方が慣れてます。

今回はナタ、ノコギリを使って前回ご紹介した平行形の火を使い料理をしてきました。

前回ご紹介した火の使い方で「平行形」というのがありました。砂地などの若干湿った場所で平行型の火をおこすのは難しいです。なので流木を一本背に置き、輻射熱を利用する輻射型で火をおこし安定してきたらもう一本の流木を使い平行形へ移行しました。

この日は食器も持たなかった為、その辺に落ちてた竹を川で洗い、鍋にして目玉焼きにしました。お箸も竹で作りました。この日の食材は主に豚肩ロースブロック(これは燻製の趣味)卵2個、フランスパン、チーズ。少量の食材を料理するにはそんなに大きな火は必要ではないので、写真の通りちんまりしたキッチンです。

流木等の芯の固い木を平行形で使うメリットは岩コンロ、ロストルなどを使わなくても良い所です。半分ほど砂に埋まった流木を使えば延焼しにくく、少量の料理をするだけならば燃え崩れることはありません。

平行形で作りやすい料理は鍋料理、串焼き、網焼き等です。得に串焼きには便利で魚、チーズなど簡単に行えます。

平行形は砂地で行うのがとても快適。砂は土台となると流木の高さを自由自在に変えることができるため、鍋が傾くような怪しげな手作り岩コンロより遥かに早く、簡単に作れます。邪魔になる枝などは先ほどのナタ、ノコギリである程度整えておけば良いだけ。こんなに簡単に安定したコンロが作れるのならば使わない手はありません。

最後に、みんなそれぞれのスタイルでキャンプしてますし、それぞれのスタイルで正解。やっぱり冒頭の通り僕は貧乏さんなんだなぁとこの記事を書いてて思いました。それでもキャンプの楽しみかたの一つに「知恵をつかう」ってこともあるのかな?僕はそれが楽しいのかな?としみじみ。原人かな?

キャンプで誰でも出来る効率の良い火の使い方

こんにちわ!!

突然ですが、皆さんキャンプ地で火種拾い、薪拾いに大汗かいた事ありませんか?その割には全然燃えそうなものが集まらなかったり、ちょっと火がついたかな?と思っても消えちゃったり。少し湿った細枝に火がつけれず夕食食べるころにはランタン必要なくらい真っ暗とか。

キャンプ、アウトドアでは「必要最小限」の火の確保は基本です。今流行りのファイヤースターターとか使うことは今回はしませんが、マッチ一本で火を大きく出来るところから始めて、上達したら次のステップにいこう!!

結論から先に。

火は縦です

なんのこっちゃ。かと思いますが、火というのは縦の方向に火種を置き火を大きくしていくのです。これ基本。火種に最適!!と言われている松ぼっくりをせっせと集めてもマッチ1本では火は大きく出来ません。消えます。

火を大きくするには小さな火から徐々に大きくするのは皆さんご存知の通り。最も簡単な方法はマッチ、枯れ草など、細枝、枝、乾燥した木材、流木など大きな木。こういった順番で燃やさないと顔真っ赤にして火吹き棒で酸素を送る羽目になります。ここで難しいのは草から小枝へ火を移すのと、枝から太い木材に火を移すこと。ここをマスターしておけばキャンプヒーロー間違いなしです。

縦方向に木材を置き火を大きく、使いやすくする

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冒頭でのお話から少し脱線しますが、キャンプで使いやすい火の作り方は3つ。

①放射型・・・・放射型は文字通り火を中心に木材を放射状に並べていく火の使い方です。無駄に広範囲で燃えることが少ないため火持ちが良いです。そのため薪不足しそうな環境で役に立ちます。

②平行型・・・・平行型は火を中心に木材を平行に並べていく火の使い方です。広範囲で燃え、寒い冬キャンプ等では暖を取るのに最適です。しかし木材などの確保に困らない場所でしか使えません。大量の木材を要するからです。

③輻射型・・・・なんスタではこれを1番にお勧めしたい。上にのせた写真が輻射型です。石などに熱を輻射させることで熱源を無駄にしない火の使い方です。平行型ほど木を使いませんし、輻射熱によって体も温まります。天然岩コンロも組みやすいです。

ここで「火は縦」に戻ります。火というのは火種から上へ上へと向かいます。せっかく火が上に向かっているのに全く燃えない場所に木材を置いても残念ながら着火しません。じゃあてんで、火種の上にボンボン木材を置いても酸素不足で火は消えます。冒頭でも触れたように小さいものから火を大きくするのですから、火種、枯れ草、小枝などのある程度考えた順番が必要ですよね。静ちゃんも簡単には口説けません。まずは宿題を教えてもらい、タケコプターで飛び、出木杉?に勝ち、風呂を覗かないといけません。

では最も簡単に火を大きくするならどうすればいいのでしょうか?

ここでお勧めするのが輻射型です。岩など延焼の恐れのないものを背に使い火種になるものを置き、その火種の上に来るように小枝など第2燃焼物を岩に立て掛けていきます。小枝が燃え折れ始めたころに松ぼっくりなどを置くと効果的です。立て掛けた木材が大きな火を作っている時に第3燃焼物を置いていきます。この手順を繰り返せば火は大きくなります。

ある程度消えない火が出来たらそこから放射、平行。井形など様々な形に利用しやすいように使ってみてください。

最後に。キャンプに使う火は大きくなくていいんです。目玉焼きを作るのに大きな火は用意しません。焼肉だって太いオキが5・6本あればできます。大切なことは必要最低限で安全な火力で楽しむ。ってことだと僕は思ってます。キャンプの夕暮れ時小さくてもメラメラ燃えている火は、いつまでも観ていられるくらい素敵なものです。

南信州で魚釣り、アウトドアライフをとことん楽しむ