南信の小さい河川で尺アマゴ釣って食う

こんにちわ。なんスタの蝉きちです。

今回は一人釣行。本流にも行って来ましたが水量が多すぎてまだ無理なようです。早く梅雨抜けてくれないといよいよもってしんどいです。

海無し県の弱点の釣り可能な期間はドンドン迫ってくるので辛い所ですね。

初場所に行って来ました。田んぼの脇を流れますが水量も多く、魚も濃い。先行者もいたみたいですが、釣れた魚の後を追っかけて別の魚が顔を出すくらい。警戒するアマゴでこんなに多くの数を一つのツボで見たことが無かったので驚きました。

エサはいつものミミズ。錘はあえて付けず、ササっと流していくスタイル。エサがとどまってなくて当たり前の川釣りですから細かいポイント狙う以外流してしまって平気なようです。

あまり時間もなかったものですから2時間程度の釣行。近所だったので都合が良かったです。各所竹藪と田んぼに囲まれ、大きな殿様カエルがいたり、やぶ蚊がいたり、木の上から糸を垂らしゆっくり落ちてくる毛虫がいたり。

のほほんと最初は釣りしてました。

深みのあるやや急な瀬で突然目印が止まりました。あれ?おかしいな?合わせてみるとずしっと思い。ドンドン引き込まれ下流へ。ライン切れないか心配だったので落ち着いてやり取りし、無事に空気を吸わせることに成功しました。

まさか初場所で掛かるとは思ってなかったんで慌てたのは言うまでもありません。

今日の感想と、狙い方みたいなものをまとめておきました。騒がしい動画ですが見てください。

やっぱり大きい魚は良いね。

最近動画でもハヤばっかり釣ってるので、ハヤ釣りチャンネルにならないか心配でしたが、これで何とか脱出できそうです!!

是非チャンネル登録、コメントしてくださいね。子供といつまで一緒にやれるかわかんない限りある時間ですが、頑張っていきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)