南信野池で釣った魚が雑魚は雑魚なんだがデカかった。

こんにちわ【なんスタ】の蝉きちです。

最近の雨の多さには参ってしまいます。各地で土砂崩れが発生し孤立になる民家も出てきています。本流または大きな支流には近寄らないようにしましょう。あと土がむき出しの山も危ないですから気を付けましょう。

先日普段から水深の浅い川へ様子見に行って来ました。一応釣り糸垂らしてきましたが水量も1・5倍とかなりの増水です。

早々にあきらめホソへ移動。

解ってたんですがやっぱりおらず。しかし泥を巻き込んでない水を見るのは久々で癒されました。なんて穏やかなんでしょう。

やっぱり当たりすらなく渋々帰ろうと思った時、あ、たまにはあの野池行ってみよう。と思い向かいました。相変わらず人気が無いのかみんな知らないのか、ガランドウ。早速池を覗いてみると鯉があちこちで泡付けやってました。途中入道雲がとても綺麗だったのを覚えています。

この日は練り餌を持って行かなかったので、残念ながらミミズでの釣り。ここにはバスはいないはずなので釣れれば鮒か鯉だど思ってました。

浮きに反応があり身構えると。

あれ?ウキが消し込まず右に傾いたり、左に傾いたり。鯉のあたりにしちゃへんだなぁ。とか思いつつとりあえず合わせてみた。

何もついてない。釣れず。あ、やっぱり?

竿の長さを変更し、対岸岸寄りの同じようなポイントに打ち込んでみた。

なんとなくこれなら釣れるだろうと勝手に予想してたのだが思った通りになった。それでも当たり方はウキが傾くばかり。今度は見なかったことにして消し込みを待つ。

ウキが反応しだして20秒ほどたった時ウキが傾きながら少しだけ引かれた。

あ、ここなんだ。

ハヤ系のものでも釣れたのかしらと思って一気にぬこうと思ったのだが予想より重い。ムツ系の小魚には違いないんだがそれにしちゃ重い。

ま、ここは慎重に。

無事に上がってきたのだが「なんだこりゃ」全く見た事無い大きさのものだったので混乱した。

顔は鯉、しかしエラはバス。体側に一本の線、背中は苔がかった茶色。腹は銀。いやいやこりゃなんだろう。バスと鯉のかけ合わせかよ。思ったが針を外す時そうでは無いと確信。やはりムツ系のものだとすぐわかった。

よく産卵後に命が無くなるメスは体が柔らかくなるというが、まさにそんな感じの柔らかさだった。触れてはいけない柔らかいものに触った感じだった。結局オスかメスかも鯉かハヤかもよくわからなかったので自分の中で「ヌマムツ」であると納得しだしている。本当は何だったんだろう。

ヌマムツの産卵期は5~8月。今は7月だからあながち間違ってないと思う。ヌマムツの大きいので15センチ。たぶん最大級が釣れたと思う。

あの触り心地は脳が「あまり触れてはいけないもの」と勝手に判断すると思う。なんだか命を感じる1匹だった。正直言うと怖かった。

間違えて「ムマムツ」になっているがyoutube側がまだ直せていないようだ。

子釣りオオカミシリーズも大分面白くなってきた。いつもゴロゴロしていた自分とは全く違いアクティブに動くようになった。最愛の子供と視点の高さは違えども同じ景色を見て同じおにぎりを食べる事がこんなに楽しいとは・・・。

チャンネル登録、面白コメントお待ちしています。まだ不慣れですが1人増えるだけで一喜一憂。youtubeもこんなに楽しいとは思わなかった。地獄の編集作業が無ければねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)